冬のせいで私の大事な耳たぶが

Posted 2月 2nd, 2015 by user

耳たぶを触る癖があります。

ぼーっとしているときは大体触っています。
もう耳を触るのが先か、ぼーっとするのが先かわからないくらい、始終触っています。

自分の体の中でどこが一番好きかと訊かれたら、真っ先に耳たぶをあげます。

そんな私にこの冬、ある試練が。乾燥で耳たぶにあかぎれができてしまったのです。

すべすべの耳たぶだったのに……
私は鏡で赤く切れた耳たぶを見ながら、思わず涙をこぼしてしまいました。

こうなると、耳たぶを触るという私の癖が治癒の妨げになってしまいます。
かさぶたができたはしから剥いでしまうのです。
それも無意識のうちに。

これではなかなか治りません。
もう片方の耳を触るように気を付けてはいるのですが、
ついついかさぶたに手がいってしまい、剥いだ後、自分を責めています。

私は今、冬のせいで、猛烈なストレスを覚えています。冬が憎くて仕方ありません。
あかぎれ以来、無事な方の耳には保湿クリームを塗るようになりました。

Comments are closed.